情事の曲り角
ホーム > 作品情報 > 映画「情事の曲り角」
メニュー

情事の曲り角

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヴィクター・ストロッフとジャックィーン・デレサートのストーリーをラスロ・ゴログの協力を得てリチャード・ラッシュが脚色・演出した女性ドラマ。撮影はアレックス・フィリップス、音楽はロナルド・スタインが担当した。サミー・デイヴィス・ジュニアがテーマ・ソングを歌う。製作はヴィクター・ストロッフ。出演は「ベルリン特急」のマール・オベロン、「史上最大の作戦」のクルト・ユルゲンス、「悪いやつ」のスティーヴ・コクラン、ほかにジョン・エイガー、スティーヴ・ブロディなど。

ストーリー

キャサリン(マール・オベロン)と異母兄ポール(クルト・ユルゲンス)はメキシコの富豪。ある日、スティーヴ(スティーヴ・コクラン)というアメリカの技師がやって来る。キャサリンにすすめられ、彼女の邸に逗留することになるが、スティーヴの前任者で引き継ぎをして帰米する男に、キャサリンが容易に男の自由になる種の女であると聞かされた。そしてそれは事実だった。2人は情事に溺れた。だが、キャサリンは真剣で結婚まで考え出す。ただ、妙なことにポールが喜ばず邪魔だてする。彼はキャサリンとアカプルコへ出かけたとき、スティーヴとかつて彼女の男だったガスを招いた。ポールはガスに昔のヨリを戻させ、スティーヴに愛想づかせを計った。だが、キャサリンはガスを突っぱねた。怒ったガスは船室に彼女を監禁、無理に意に従わせようとした。彼は手首をカミソリで切って自殺を計る。そのことでスティーヴと彼女はメキシコを去ろうとした。ところがポールは彼女をひきとめ、初めて愛を打ち明けた。ポールが若い頃、義母に恋をし、その娘キャサリンは長ずるに及び、母親とそっくりになっていたのだ。キャサリンには大きなショックであったが、スティーヴとの新しい生活のために、この邸を去っていった。...

作品データ

原題 Of Love and Desire
製作年 1963年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi