我等のサリー
ホーム > 作品情報 > 映画「我等のサリー」
メニュー

我等のサリー

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

流行唄「サリー・イン・アワー・アリィ」に基いてエドワード・クラーク氏が書いたものを、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、ウォルター・ラング氏がコロムビア入社第一回作品として監督したものである。主役は「出世水兵」「花嫁歓迎」等出演のシャーリー・メイスン嬢で、相手役は特にパラマウントから借りて来た「ブラッド・シップ」出演のリチャード・アーレン氏である。そのほかアレック・B・フランシス氏、カスリン・ウィリアムス嬢、ポール・パンザー氏、ウィリアム・ストラウス氏等が助演している。

ストーリー

ニューヨークイースト・サイドの貧乏長屋に明るい娘のサリーが住んでいた。サリーは母が死んでからトニー、アビー、マックの三老人に引取られて今日まで生い育って来た。そして同じ町の青年ジミーと恋仲であった。が、お金持のサリーの伯母さんは、この貧民町からサリーを呼び寄せて上流社会に彼女を住まわせ様とした、その上に近親の一富豪青年を彼女の夫にと迎えようとした。一方ジミーは悲観の末、ニューヨークを去って海外に赴き悲しさを忘れ様とする。が金が總てではない。金は愛を殺すことは出来ない。サリーは伯母の邸を去ってジミーの跡を追った。そして再び二人は元の壊しい貧民町に暮らすこととなった。...

作品データ

原題 Sally in Our Alley
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi