忘れられし法律
ホーム > 作品情報 > 映画「忘れられし法律」
メニュー

忘れられし法律

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

キャロライン・アボット・スタンリー原作の小説「現代のマドンナ」“A Modern Madonnaから脚色したもので、監督はジェームズ・W・ホーン。主役は「燃ゆる砂」「善悪の境」等主演のミルトン・シルス、「社交界の怪賊」等主演のジャック・マルホール、女優はクレオ・リッジリーである。

ストーリー

浮気もののヴィクター・ジャーネットは妻マーガレットとの間に愛児あるにも関わらず素行修まらず、ついに棄てた女から射殺される。彼の遺志によって子供ミュリエルはヴィクターの兄リチャードに引取られる事になったが、弟を真面目な男と信じていたリチャードは、貞淑な未亡人のマーガレットを誤解していた。しかし弟の放埒が証された時、リチャードの彼女に対する気持ちは変化せざるを得なかった。同情は変わって恋となった。やがてリチャードがミュリエルの父となる日が来た。...

作品データ

原題 The Forgotten Law
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi