若者よ嘆くな
ホーム > 作品情報 > 映画「若者よ嘆くな」
メニュー

若者よ嘆くな

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「若き日の歓び」「ジプシー生活」等において若者の心理描写に独自の腕を見せて好評を取ったウォッシュバーン氏が主演で、相手もその方面の達者シャーリー・メイスン嬢、カッスン・ファーガソン氏等である。

ストーリー

天分の悪戯好きからついに村を放逐された青年ロバート別名バッディー・マーシはニューヨークへ来てチルトン・チャニング薬種業組合のソーダ水係りのボーイとなり1週間12ドルもらっていた。ところがある舞踏会で知り合いになったメリーという乙女と恋仲となり2人は結婚の約束をまで交したが、彼女には1週間50ドル等と大法螺を吹いてあるので、バッディーは1人苦心する。メリーは彼女の勤め先の男にやはり求婚されるので、バッディーとの結婚を急ぐし、進退きわまっているところへ彼は運悪く冬期来るの理由でソーダ係りの栄職を解かれてしまう。死にもの狂いのバッディーはようやく1案を工夫し理想的食事時間食堂の計画をチルトン薬店に建議し、見事成功してここに初めて1週50ドルを夢ならで実際にもらうこととなりメエリーとも晴れて結婚ができた。...

作品データ

原題 Putting It Over
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi