若き隼
ホーム > 作品情報 > 映画「若き隼」
メニュー

若き隼

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「永遠の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが「スター悩殺」「犯罪都市(1931)」のメイ・クラークと「失踪者三万人」「犯罪都市(1931)」パット・オブライエンを相手に主演する映画で、ハウストン・プランチの原作を「世界大洪水」のジョン・グッドリッチと「怪盗往来」のマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「幸運の悪魔」のラルフ・インスが監督にあたり、「春ひらく(1931)」「沈黙(1931)」のチャールズ・ロシャーが撮影した。助演者は「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「ケンネル殺人事件」のロバート・マクウェード、「海の荒鷲(1933)」のロロー・ロイド等である。

ストーリー

ある大石油会社は、メキシコのカロラ油田に於ける油田開発事業を独占することを決議して、その由を同地の代表者バニングへ通達した。その命を受けたバニングはまず独立の油田採掘者を圧迫する第1歩賭して、1油田から石油が噴出したのを機会にこれに火を放って全油田をものすごい火の海にしてしまった。この大火のため油田を失った独立油田改行者のマントンとリアの領人は侠気のある酒場の女将テスの所有地が有望な油田候補地であるところから、ここに3名共同の新油田開発をやることになった。そこでまずその資金を調達するためにマントンはテスの振るい友達であるニューヨークの実業家コンウェイ氏をはるばる訪ねた。このニューヨーク滞在中に知り合ったクレアという上流紳士を相手にする闇の女性をマントンは気質の婦人だと信じて、彼女を愛する余りこれに結婚を申し込んだ。クレアもマントンの純情に感動して自分の過去を秘したままマントンの妻となって田舎へ伴われた。相棒のリアはコンウェイ氏から通知があったため、クレアの前身を知っていて、マントンが性悪な女に引っ掛かったものと思い込んで事々にクレアと衝突していたが、マントンが仕事のことで旅行した留守中、初めてクレアが暗い過去の女に似ず清い心と、マントンに対する心からの愛情を持っている事実を知ってクレアに対する反感は敬愛の念に変って行った。旅行から帰って、クレアとリアの愛だからgファースト・ナショナル急に親密になっているのを見てマントンは2人の間を疑い、3人の間は険悪になり相になるが、クレアが思い切って自分の過去一切を打ち明けたのでマントンの胸も解け、やがて3人は肩を組み合って新しく噴出を初めた油田の壮観を和気あいあい裡に眺めることができたのであった。...

作品データ

原題 Flaming Gold
製作年 1933年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi