ワッツタックス スタックス・コンサート
ホーム > 作品情報 > 映画「ワッツタックス スタックス・コンサート」
メニュー

ワッツタックス スタックス・コンサート

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

真夏に展開された黒人アーティストのみのコンサートを描いたドキュメンタリー。製作総指揮はアル・ベルとデイヴィッド・L・ウォルパー、製作はラリー・ショウとメル・スチュアート、監督はメル・スチュアートが各々担当。

ストーリー

1972年8月20日午後3時、真夏の暑い太陽の下、ロス・アンジェルスのメモリアム・コロシウムに100000万人の観衆がつめかけた。ソウルの名門レーベルであるスタックス・レコードのアーティストたちのほとんどが出演する大野外コンサートは、6時間にわたって熱っぽくくりひろげられた。主なアーティストは次の人々だった。ウィリアム・ベル、アイザック・ヘイズ、エディー・フロイド、アルバート・キング、ザ・バーケイズ、スティブル・シンガーズ、ルーサー・イングラム、リチャード・ブライヤー、カーラ・トーマス。このワッツタックス・コンサートを企画したのはスタックス・レコードのアル・ベルで、主催はスタックス・レコードとワッツ・サマー・フェスティバル委員会である。入場料は1ドル。売上はシックル・セル・アネシア財団とマーチン・ルーサー・キング病院などの団体をサポートするワッツ・コミュニティに寄付された。アーティストたちの出演料は無料であった。映画は、コンサートのドキュメントに、黒人たちの意見と主張--宗教、政治、社会、風俗、愛、生活--を織りまぜて構成され、その進行役をアメリカで著名なコメディアンのリチャード・ブライヤーがつとめている。...

スタッフ

監督
メル・スチュアート
製作総指揮
アル・ベル
デビッド・L・ウォルパー
製作
ラリー・ショウ
メル・スチュアート
字幕
野中重雄

キャスト

作品データ

原題 Wattstax
製作年 1972年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ワッツタックス スタックス・コンサート」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi