臨時雇の娘
ホーム > 作品情報 > 映画「臨時雇の娘」
メニュー

臨時雇の娘

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

メイベル・ノーマンドが久振しりで主演した人情喜劇で、マック・セネットが原作を書き、「ミッキー」以来のノーマンドの監督として名声あるF・リチャード・ジョーンズがやはり監督の任に当たった。ノーマンドの対手には「世界を敵として」「放埒娘」等出演のラルフ・グレイヴス、「危険なる処女時代」等出演のジョージ・ニコルズが出演する。

ストーリー

田舎娘のスー・グレアムは活動写真に夢中になり女優となろうと思っていた。スーの親父は町の薬剤師アーロン・アップルジョンを彼女と結婚させようと思っていたが、スーは彼を嫌って恋人デイヴと再会を約して町を去り、映画の都ハリウッドへ来て女優として身を立てようとする。しかし彼女が得た職業は臨時雇いとしてある撮影会社の衣装部屋に働く事であった。後からデイヴもハリウッドに来て同じ撮影場に働く事となった。スーはこの町のハケットという相場師の甘言に乗ぜられ、故郷の両親のもとへ財産を纏めてハリウッドへ来るようにと申し送ったので、親父もその気になって家財全部を売り払ってハリウッドへ来たが、ハケットはこの田舎出の老人達を瞞き、全財産を巻き上げてしまう。これを聞いたデイヴはハケットの家に駆け付けて、既にこの家に来ていたスーを助けて格闘の末、奪われた金を取り戻してスーの一家はデイヴを加えて楽しく暮らす事となった。...

作品データ

原題 The Extra Girl
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi