ラスティ物語
ホーム > 作品情報 > 映画「ラスティ物語」
メニュー

ラスティ物語

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

名犬ラスティ・シリーズの一本。アル・マーティンの原作の映画化で、脚本はブレンド・ワイスバークが執筆。製作はウォリス・マクドナルド、監督はセイモア・フリードマン、撮影はヘンリー・フロイリッヒ、音楽はM・バカライニコフが担当。出演はテッド・ドナルドスン、ジョン・ライテル、アン・ドーランなど。

ストーリー

ダニー・ミッチェル少年の愛犬ラスティが失踪した。ラスティは浮浪者に捕えられ、ある旅行者に売られ、ダニーの町から数百キロも離れたところで5歳の少年ジェフの手に渡り、グラッドリーと呼ばれていた。ジェフ少年の一家は、父と兄ビルの3人家族で、父は移動農業従事者だった。彼らは仕事を求めてダニーの町へやって来て、ラスティを見つけたダニーはジェフ兄弟と争いになった。ジェフ一家は、住み家でもある自動車の登録票がなかったために、留置場へ入れられてしまう。翌日には釈放されるが、父はせっかく得た仕事も失ってしまう。それを気の毒に思ったダニーの父は、自分の農地を小作させ、一家を定住させることにした。ある日、ジェフの父は盲腸炎を起こし、氷をもらおうとダニーの家の台所をうかがうビルを、ダニーは泥棒の証拠を見つけたとばかりに殴り倒す。だが事情が分かり、ジェフの父は病院に運ばれ、そもそもラスティを盗んだ浮浪者も捕まり、ダニーは自分の誤解をビルに詫びる。しかしどうしてもラスティを手放したくないジェフは、ある夜、ラスティを連れて家出をしようとする。その気持ちを知ったダニーはジェフにラスティを譲ろうとするが、やがてラスティの仔犬が生まれるのだった。ラスティの誕生日に、ダニーの父は改めてジェフにラスティの仔犬を贈る。ジェフはこれこそ本当のグラッドリーだと喜ぶのだった。...

作品データ

原題 Rusty's Birthday
製作年 1949年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi