楽園の薔薇
ホーム > 作品情報 > 映画「楽園の薔薇」
メニュー

楽園の薔薇

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「盃の中」や「何夫人」よりも後で発売されたが、ベシー・バリスケール嬢がパラルタに入社後第一回の作品である。「嵐の里」や「嵐の国の女」の原作者グレイス・ミラー・ホワイト女史の原作で、監督はジェームズ・ヤング氏。バーリスケール嬢の対手は「愛国心」にハイド博士を演じたアーサー・アラート氏。嬢の夫君ハワード・ヒックマン氏が珍らしく老役を演じて居る。

ストーリー

ローズが生れると程なく彼女の母は世を去った。父のトーマス・シングルトンは悲嘆の極鬱々として楽しまないので、腹悪い彼の異母弟ジョードン・モースはトーマスを精神病院へ監禁して終う。17年は過ぎる。トーマスは病院を逃れて我児ローズが黒人の乳母に育てられて居る許へ来り、昔庭師をして居た忠義者レイフの家へ身を寄せて18歳に成って財産を手に入れる迄忍んで居れよと申聞かせる。彼はモースが娘の財産を奪うのを恐れたのである。ローズは今は靴屋をして居る不具なレイフの家で暮す事と成った。彼女は富豪の息子セオドール・キングと恋仲と成るが、モースは之を知って恋人モードリン・ベーツにキングを片附ける様頼むが、ベーツは彼を裏切り、自らローズと結婚して彼女の財産を得んとする。所が彼はモースの為射殺されたが、罪はレイフ老人に懸る。モースに誘拐されたローズは逃れてモースの悪事を訴へレイフを救って、キングと結婚する事に成った。...

作品データ

原題 Rose of Paradise
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi