烙印されたる女
ホーム > 作品情報 > 映画「烙印されたる女」
メニュー

烙印されたる女

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アルバート・パーカー氏の監督した社界悲劇で、ノーマ・タルマッジ嬢が母の汚名のために涙に日を送る女に扮している。パーシー・マーモント氏がその夫に、ヴィンセント・セルラノ氏が彼女の過去に影なる強迫者にそれぞれ扮しているが、筋が陳腐なためにノーマ嬢の性格的演技も深い印象を残すことはできない。

ストーリー

母の汚名のために肩身の狭い生活を送らねばならなかったルース・ソウヤーは米国を逃れた後ダグラス・コートネイという外交官を夫に持って初めて幸福な身となった。しかし彼女の幸福は永くは続かなかった。過去の影が現われて彼女を苦しめるが、ついにそれも去って真に平和な生活に入る。...

作品データ

原題 The Branded Woman
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi