妖女乱舞
ホーム > 作品情報 > 映画「妖女乱舞」
メニュー

妖女乱舞

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

映画界に復帰したナジモヴァ夫人がヴァイタグラフ社で作った映画でマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史の脚本により「洪水!洪水!」「路傍の人」と同じくJ・スチュアート・ブラックトン氏が監督した。「街のマドンナ」「サロメ(1923)」等出演のアラ・ナジモヴァ夫人が出演し、同じく久々で映画に出演するルー・テリジェン氏と「パリの女性」「キッド」等出演のカール・ミラー氏とが共演する。その他オーティス・ハーラン氏ウィリアム・R・ダン氏等が助演している。

ストーリー

ジョアンはパリの或るアパッシュのカフェの踊り子だった。彼女の悪巫山戯と不真面目は恋人リュパンをいつもいらいらさせていた。或宵のこと若い貴族ポウル・デュポアがこのカフェを訪れジョアンに目をつけて彼女を貴婦人にしようとする。ジョアンはこの男に興味を感じて恋心さえ抱いたが、彼が真率でないことを知ってリュパンにかえる。アパッシュ達は寺院のマドンナの聖像の宝冠を盗む計画をして遂に巧みに盗み取る。しかしジョアンは罪の恐ろしさを感じ、罪を贖うためにリュパンを説いて聖母の宝玉をもとの聖像に返させる。かくて贖罪をした二人は正しい愛に甦る。...

作品データ

原題 The Redeeming Sin
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi