搖藍
ホーム > 作品情報 > 映画「搖藍」
メニュー

搖藍

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

仏国の劇作家ユーゼーヌ・ブリウの舞台劇をオルガ・プリンツローが脚色し、ポール・パウエルが監督した人情劇で、主役はエセル・クレイトンとチャールズ・メレディス氏。名子役メアリー・ジェーン・アーヴィングやアンナ・レアーらも出演する。

ストーリー

医師ロバート・ハーヴェイは妻マーガレットとの間にドリスという可愛い女の児までも儲けた仲であるが、財政上の窮乏はこの一家に冷い風を送り、ロバートはローラ・フォーブスという金満家の婦人に見染められ、妻を顧みぬことがあったので遂に夫妻は離婚し、ロバートはローラと、マーガレットは弁護士コートニー・ウェブスターとそれぞれ結婚する。しかし幼いドリスは父母の元に6カ月宛交替で暮らすという条件であった。ウェブスターはドリスをほかの男の子として憎み、ローラもまたドリスを嫌った。その結果傷きやすい幼児は激しい病気にかかったのでロバートはドリスをマーガレットの元に連れ来り、2人は心を合わせて看病する。ようやく危機を逃れたドリスは父母のともにあるを見て、父と母が別々に暮らす恐しい夢を見たと話す。そしてロバートもマーガレットもお互いに新しい相手に幻滅を感じ、愛児が2人の間の離るべからざる鎹であることを悟り、再び一家は昔に返る。...

作品データ

原題 The Cradle
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi