幽霊船
ホーム > 作品情報 > 映画「幽霊船」
メニュー

幽霊船

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「男装女キャプテン」と同じくジャック・ロンドン氏の小説にヒントを得て作られた映画で、イー・モントン・ホウ氏が映画用に改作し、それをベン・コーエン、ベン・アリ・ニューマンの二氏が脚色した。監督は新顔のフォレスト・シェルドン氏で、「獄中日記」のモンタギュー・ラヴ氏、「3悪人」のトム・サンチ氏「吃驚仰天」のドロシー・セバスチャン嬢、「悪魔の踊子」の上山草人氏、以前メトロのスターたりしアリス・レイク嬢、レイ・ホーラー氏、等が共演するものである。

ストーリー

人呼んで「幽霊船」という恐ろしい船がまた航海に出た。船長のシモン・ガントは無教育で乱暴野卑な男であるのにひきかえ、妻のマーサは臆病な性質でひとえに息子のダニーを愛していた。ダニーも臆病な母の性質を受けていて父親の惨忍な力を恐れていた。一等運転士のグレニスターは、船長夫婦とは幼友達であり、また秘かにマーサを愛していたこととて、ことごとにマーサ母子の相談相手となり、またかばいてとなっていた。そうしたことが粗野な船長ガントの疑いを招き、彼はダニーが実はマーサとグレニスターとの間に生まれた子ではないかと気を廻した。そして彼はグレニスターと争い、彼を船の黒穴に幽閉し、妻子を小舟に乗せて大海の中に押し流してしまった。以来、ガントは船員の脱退暴動を恐れ、決して正規の港には立ち寄らず、いつとはなしに海賊船となって、食料品や金銭を掠奪しつつここに18年を閲した。一方、ダニーはある島の中国人に救われて、成長するにおよび歌劇女優ゴルディと恋仲になっていたが、父船長に対する深い憎しみの念はやむ時がなかった。が、偶然船長と再会した時、かえって己は捕らわれの身となり、ゴルディと共に船中に幽閉せられ、ゴルディは船長のために恥かしめにあわんとした。が、彼女はよくそれをのがれダニーとグレニスターを助けだした。ときしも、船員の押さえに押さえてきた憤怒は一時に発して、暴動は起こり、船中は修羅の巷と化し、ダニーとグレニスターとは船長に肉迫した。船長は敵はじとみて船を爆発させた。グレニスターは船長にダニーは彼の実子なることを確信せしめつつ共に海底に沈んだ。この時、ダニーとゴルディとは急場をのがれて「幽霊船」の最後を遥かの島の岸辺から眺めていた。...

作品データ

原題 The Haunted Ship
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi