友情の曲線
ホーム > 作品情報 > 映画「友情の曲線」
メニュー

友情の曲線

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「頬は薔薇色」「沈黙の犯罪」のバディー・ロジャースと「農園のレベッカ」「懐かしの谷」のマリアン・ニクソンとが共演する映画で、「風来坊」「一千万ドルの醜聞」のフランク・モーガンと「恐怖城」「今晩愛して頂戴ナ」のジョセフ・カウソーンとが主役2人を助けて重要な役を勤めている外、「レヴュー艦隊」のグレタ・ニッセンも出演している。原作は「軟派ガール」その他を物していたライアン・ジェームズがあたり、なお台詞もジェームズが書いている。撮影は「武装ラグビー」のL・ウィリアム・オコンネルの担任。

ストーリー

ハートマンとシュナイダーとは禁酒に関してたがいに異なる意見を持っていた結果、非常な仲たがいをし、自分の家の子供たちまで一緒に遊ばせるのを禁じてしまった。が、その内に禁酒令が施行されたので、ビーア・ガーデン経営者だったシュナイダーは敗北の屈辱に燃えながら故国ドイツへ帰って行った。それから年がたってハートマンの息子のジミーは音楽で見を立てることを志し、父親の事業を嫌がってドイツへ音楽の勉強にでかけて行った。で、そこで彼は昔なじみであるシュアニダーの娘のレナとめぐりあい、やがて2人は恋し合う仲となった。が、この時分、ジミーは父親から送金を絶たれていたので、彼は身元を隠して同窓の者たちとジャズ・バンドを組織し、シュナイダーのビール店に雇われることになった。そして、レナが音楽コンクールのために作曲した唄を、ジミーがジャズに編曲し、これをシュナイダーの酒場で演奏したところ、これが大当たりとなったためにそれまで不景気だったこの酒場が同市の名物の1つとまでもなる様になった。この噂を聞き伝えたのがちょうどドイツに遊びに来ていたハートマンで、彼が女同伴でここへやって来ると、驚くなかれ息子がジャズの指揮をしている。するとそこへシュナイダーも顔を出したのでジミーの身元が晴れ、親たちは再び喧嘩し出した。が、恋し合っている子供2人はこっそりアメリカ行きの船に乗って結婚する。親たちはそれを追って同船したが、ジミーの計らいで長年の確執も解け、万事めでたく納まることとなった。...

作品データ

原題 Best of Enemies
製作年 1933年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi