誘拐犯を逃がすな
ホーム > 作品情報 > 映画「誘拐犯を逃がすな」
メニュー

誘拐犯を逃がすな

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ホイット・マスターソンの小説「悪魔は来たり、悪魔は去る」を、TVのロッド・サーリングが脚色し、新人バズ・クリークが脚色したサスペンス・ドラマ。撮影は「恐怖の振子」のフロイド・クロスビー、音楽は「ハスラー」のケニョン・ホプキンス。出演者は「ステート・フェア(1962)」のパット・ブーン、「気球船探険」のバーバラ・イーデン、スティーヴ・フォレスト、ジャック・クラグマンなど。製作はモーリー・デクスター。

ストーリー

ハリウッド、現代。人気歌手アンディ・パクストン(パット・ブーン)には、美しい妻リサ(バーバラ・イーデン)と生後11ヵ月のボビーがあった。彼はいつも身を守るために執事ベイクと元警察官だったハブ・ワイリー(スティーヴ・フォレスト)を連れていた。ある夜、アンディが邸へ帰ると、坊やのボビーが何者かに誘拐され、乳母が殺されていた。やがて犯人は手紙で身代金20万ドルを要求し、金の用意ができたら海岸へ持ってくるように指示したが、犯人は現れなかった。アンディが帰宅すると、執事ベイクが金を横領したかどで逮捕されていた。が、彼は誘拐事件に関係なく、すぐ釈放された。用心棒ハブは身代金を買うラマシーという男を知っているといい酒場でラマシーの女に白状させた。やがてアンディがラマシーの家へ行くと、彼はすでに何者かに殺されていた。翌日、アンディの隠し電話がかかり、邸の南側の塀から手紙を投げ込んでいった。アンディとリサが駆けつけると、執事ベイクの死体があった。翌日、ハブが邸に帰っていた。いまや犯人と思っているアンディは、ハブの乗り回した自動車の距離計を調べて、長距離を走ったことを知った。またハブの靴の中から海岸の砂を発見した。その夜、アンディはリサを連れて海辺の酒場へ行った。リサが車の中で待っていると、アンディが2階の裏窓から酒場に忍び込んだ。案の定、坊やが隠されていた。アンディは坊やを救い出してリサに渡すと、酒場に入っていった。リサがいた。そしてアンディにつかみかかろうとして射殺された。そこへリサの知らせにより、パトカーが駆けつけてきた。...

作品データ

原題 The Yellow Canary
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi