ユーコンの危難
ホーム > 作品情報 > 映画「ユーコンの危難」
メニュー

ユーコンの危難

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「新三銃士」などに主演後メトロ社を辞しユ社に入ったウィリアム・デスモンドの同社第1回連続映画である。原作脚色はジョージ・モーガンで、監督はジェイ・マーチャントと「男心」の監督ペリー・N・ヴェクロフとの両氏である。相手役としてはユ社の2巻物活劇等に多数出演した美人ローラ・ラ・プラントが出演している。

ストーリー

春廻り来るとも解けやらぬ氷の山はアラスカの天地を閉す。米国がこの土地をロシアより720万ドルの大金をもって買収し始めてアラスカの名を付したのは1867年のことであった。この映画の譚りはその当時に端を発している。冒険の血に湧いた英人ジャック・メリルは、アラスカに来たがロシア人の商人の娘オルガ・バサノフという美人と恋に陷った。オルガに執拗なる恋挑んでいる男イヴン・ペトロフは邪悪なる心を持つ者であった。彼は恋敵メリルを亡き者とすべく部下に命じて彼を縛したる侭、ボートに乗せ激流に投じた。(以上第1篇3巻の概要)...

作品データ

原題 Perils of the Yukon
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi