山の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「山の物語」
メニュー

山の物語

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マラー・エリス・ライアンの原作をウィル・M・リッチーが脚色し「海の狼(1920)」「エヴリー・ウーマン」と同じくジョージ・メルフォードが監督したもの、主役は「疑問の死」「暗中飛躍」で主演したロバート・ワーウィックで、アン・リットル、ワンダ・ホウリー、モント・ブルー、アイリーン・パーシーそのほかの人々が共演する。

ストーリー

母の臨終に際し、くれぐれもある美しい娘の保護を頼まれたジャック・スチュアートは、弟チャールズがその命に背き、娘に妊娠させた末、ニュウ・オウリーンスへ逃れた後、その娘と正式に結婚して全財産を娘に遺し、自らはモンタナの山中へ行って世捨人のような生活に入る。彼は原住民の娘タラバと親しくしていたので、スクオウ・マン(原住民を妻とした男)と信ぜられ、後ケンタッキーの山に残した恋人に会った時娘の誤解を受ける。彼はインド人に囲まれた兵士を助け、弟の改心によって恋人との仲も直って幸福な生活に入る。...

作品データ

原題 Told in the Hills
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi