山の女
ホーム > 作品情報 > 映画「山の女」
メニュー

山の女

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

チャールズ・ネヴィル・バック氏原作の「山の異端者」A Pagan of the Hillsをアシュレイ・ロック氏が脚色し、「盗人」と同じくチャールズ・ギブリン氏の監督になったもの。パール・ホワイト嬢のフォックス社における第4回目の作品である。ニュース誌は「美しい背景と、所々に喜劇を加えた活劇とで、すばらしい作品を作っている」と褒めている。

ストーリー

ケンタッキーの山の中に名前さえも男のようにアレクサンダーとつけられて成人した樵夫の娘があった。彼女の父が酒の密造者マロウスに傷つけられた時、彼女は父の代りに材木を川に流して川下に運び、支払いを受けて山へ帰る途中、悪人に捕らえられるが友達の救いを得て逃れ、山に帰ると父は死んでいた。彼女が平和な山の中で数々の恐ろしい経験にあった後3人の求婚者の1人ジェリーと恋に陥るまで、波乱はなかなか豊かである。...

作品データ

原題 The Mountain Woman
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi