野望の系列
ホーム > 作品情報 > 映画「野望の系列」
メニュー

野望の系列

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アレン・ドルーリーの原作を、ウェンデル・メイスが脚色し、「栄光への脱出」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した上院を舞台にした政界ドラマ。撮影は「栄光への脱出」のサム・リーヴィット、音楽はジェリー・フィールディングが担当した。出演は「西部開拓史」のヘンリー・フォンダ、「スパルタカス」の故チャールズ・ロートンのほかに、ドン・マレイ、ウォルター・ピジョン、ピーター・ローフォード、ジーン・ティアニーなど。

ストーリー

アメリカ大統領は、欠員の国務長官候補にレフィングウェル(ヘンリー・フォンダ)を指名したので政界は大さわぎとなった。彼は学者出身の腕ききだが敵の多い人物で反対者も多数いた。与党の総務マンソン(ウォルター・ピジョン)は大統領に忠告したが、逆に協力を求められた。ある夜、国際的な大パーティが開かれ、ハドソン副大統領は、マンソンに大統領の病状が思わしくないことをかたった。再開後の委員会は、レフィングウェルを招き聴問した。この時、ゲルマンという男から電報が入り、レフィングウェルが、かつて共産主義者の団体と接触があったと発表された。すぐにゲルマンは召喚された。ゲルマンはかつてレフィングウェル教授の生徒で、教授の友人モートンと共に、集会に出ていたことを証言した。しかしレフィングウェルの否定を、ゲルマンも認めたので、彼の立場は有利になった。ところがレフィングウェルは大統領を訪ね、委員会で偽証したことを告白、モートンとは財務省のフレッチャーであることを明らかにし、指名の撤回を求めた。しかし大統領の意志は動かなかった。一方、フレッチャーとモートンが同一人物であることを嗅ぎ出したクーリーは、フレッチャーを呼び出し、告白を強制した。告白電話を受けたアンダーソンは、マンソンに伝え、票決の延期をした。アンダーソンには軍隊時代、同性愛という過去があった。それをタネに、議長の席から彼を追い出そうとする脅迫電話が何度もかかり、ついに彼は自殺してしまった。脅迫の犯人はアッカーマンだった。大統領はアンダソンの死をいたみながらも、自分の健康状態がよくないことから、レフィングウェルの国務長官就任を望んだ。委員会は再開され、票決は二分した。この場合、副大統領の1票で可否が決定する。この時副大統領は、大統領の死を発表した。そして彼は新大統領としてマンソンに近づき、国務長官には新しい候補を指名すると語って協力を求めるのだった。...

作品データ

原題 Advise & Consent
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 A・T・G

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

西部開拓史[Blu-ray/ブルーレイ] 十二人の怒れる男<コレクターズ・エディション>[DVD] COLUMBIA TRISTAR WAR MOVIES COLLECTION Vol...[DVD] レディ・イヴ[DVD]
西部開拓史[Blu-ray/ブルーレイ] 十二人の怒れる男<コレクターズ・エディション>[DVD] COLUMBIA TRISTAR WAR MOVIES COLLECTION Vol...[DVD] レディ・イヴ[DVD]
発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥1,091 発売日:2014年8月2日 最安価格: ¥927 発売日:2003年12月19日 最安価格: ¥12,820 発売日:2005年7月25日 最安価格: ¥3,528
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi