野性の女(1921)
ホーム > 作品情報 > 映画「野性の女(1921)」
メニュー

野性の女(1921)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大作品、「ホワイト・シスター(1923)」や「ブライト・ショール」等の製作会社として今羽振りの良いインスピレーション会社が製作を初めた第一回の作品がこれである。原作はガイ・ボルトン氏とジョージ・ミドルトン氏の合作になる舞台劇。主役を演じているテディー・ジェラード嬢はロンドン及パリの劇壇で「アメリカの代表的美人」として人気を博した女優だそうである。嬢の映画界への御目見得映画である、「女性を讃えよ」「搖籃」等出演のチャールズ・メレディス氏が相手役である。

ストーリー

雪深い原野に昔は大学教授であった父のスピアリーとただ二人で暮しているマーゴットという娘があった。都から来ている青年ディヴィーと恋に陷ちたが、マーゴットを恋しているハーフのバプティストは、ディヴィーの許婚エルシーに唆かされて、マーゴットを誘拐する。彼女は縛められ独木舟に乗せられた時、ディヴィーは来て、バプティストと格闘となり、バプティストは雪崩に埋められて死ぬ。独木舟のまま滝に落込もうとした危ないマーゴットは無事に救われ、ディヴィーと結婚する。...

作品データ

原題 The Gave Girl
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi