野獣戦争
ホーム > 作品情報 > 映画「野獣戦争」
メニュー

野獣戦争

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大都会のブラック・ゲットー内に巣喰うギャングの縄張り争いに巻き込まれた私立探偵の活躍を描いたブラック・シネマ。製作総指揮・脚本はジョン・D・F・ブラック、製作はジョエル・フリーマン、監督はこれが処女作のアイヴァン・ディクソン、撮影はマイケル・ヒューゴー、音楽はマービン・ゲイ、編集はマイケル・カーンが各々担当。出演はロバート・フックス、ポール・ウィンフィールド、ラルフ・ウェイト、ウィリアム・スマイザース、ジュリアス・W・ハリス、ビル・ヘンダーソン、ヴィンス・ハワード、ラリー・クックなど。

ストーリー

カリフォルニア。黒人の私立探偵、ミスターT(ロバート・ファックス)はタフでおしゃれで、ウルトラ・モダン・アパートに住み、高級車コンチネンタルを乗り回すナウな野郎だった。彼は、友人のジミー(ベル・ヘンダーソン)が経営する球つき場に事務所を置いていた。ある日Tの事務所に2人のやくざが尋ねてきた。1人はチョーキー(ポール・ウィンフィールド)、もう1人はピート(ラルフ・ウェイト)で、2人は南ロス・ギャンブリング・シンジケートに属する顔役で、彼らの来意は、最近彼らが賭場を開くと必ずライバルのギャンブラーに襲われ、有り金を強奪されるので助けてくれというのだった。Tは10 000万ドルの報酬を条件に、ギャンブラーとして賭場で待機した。予想通り覆面のギャングが乱入してきて有り金を奪い去った。が、実はこれはチョーキーとピートが巧みに仕組んだ芝居だった。2人は手下を集めてギャング団を組織し、それに誘拐したライバル・ギャングの1人を加えてもっともらしく演出したばかりでなく偽もののギャング団がズラかる時、チョーキーとピートが誘拐したライバル・ギャングの1人を射殺した。この巧みな演出はさすがのTも見抜けなかった。賭場荒しの強盗事件を洗うことになったTは、早速、聞き込みのために友人でボクサーであるボビーにあうために彼のジムを訪ねた。チョーキーとピートのライバル・ギャングの親分は、ミスター・ビッグ(ジュリアス・W・ハリス)と呼ばれる巨漢で、ボビーの話しによればミスター・ビッグの殺された子分は親分に直接命令されない限り絶対に賭場荒らしなどしないというのである。Tがボビーのジムを出ようとした時、殺人事件の容疑者としてジョー・マークス警部(ウィリアム・スマイザース)に逮捕された。だがこれは証拠不充分で直ちに釈放された。Tは、チョーキー側とミスター・ビッグ側との間にわだかまるトラブル解決に本腰を入れることになり、両者に話し合いをさせることにした。場所は彼の事務所であるジミーの球つき場と決めた。約束の時間に現われたのはミスター・ビッグだった。すると間もなく警官隊に化けたチョーキーとピートの部下が襲撃してきた。Tは、ギャングの縄張り争いに巻き込まれ、あわよくば自分を逮捕させその上でミスター・ビッグを血祭にあげてからギャンブルの縄張りを独占しようという、チョーキーとピートの企みに気づいた。怒り狂ったTは、恋人のクレオを安全な場所に移してから、警察に行き、美人警官の眼をかすめて拳銃を持ち出した。Tはチョーキーとピートの事務所に忍び込み、激しい銃撃戦の末、抵抗する2人を射殺してしまった。そして先ほどこっそり持ち出した拳銃を例の美人警官のスキに乗じて再びロッカーに返してから、涼しい顔をして彼女を誘い出し、警察を後にした。...

作品データ

原題 Trouble Man
製作年 1972年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi