モンタナの西
ホーム > 作品情報 > 映画「モンタナの西」
メニュー

モンタナの西

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

バン・コートの短編小説を、「ランダース」のバート・ケネディが脚色・監督した西部劇。撮影は「ランダース」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「昼下りの決斗」のジョージ・バスマンが担当した。出演は「インターン」のバディー・エブセン、「リサの瞳のなかに」のキア・デュリア、「翼のリズム」のロイス・ネットルトンなど。製作はリチャード・E・ライオンズ。

ストーリー

1890年、レイン(バディー・エブセン)は死んだ友人の息子リー(キア・デュリア)に会うためモンタナのコングレスにやってきた。友人は牧場とリーを残して世を去ったが、息子が成人になるまで牧場の証文をレインに託したのだった。リーは酒場に入りびたり、牧場は荒れ果て、父親が造りかけた母屋もそのまま打ち捨ててあった。リーは悪友ジェイスの入れ知恵で、レインを追っ払うため、彼の言葉に逆らわないことにした。レインが選んだリーの花嫁は6歳の息子マットのある未亡人アニーだった。2人は結婚し、母屋の完成にせい出した。しかしレインはリーがアニーを愛していないのをみてとり、彼女に故郷に帰るようすすめたが、きき入れなかった。そのころレインはジェイスが牧場の牛を盗んでいるのを知り、リーに彼との絶交をすすめたところついに2人は大喧嘩をしてしまった。リーはジェイスと組んで、牛を全部売り払うことにした。アニーへの書き置きをしたためている時、母屋が焼け落ちた。牛を盗むためジェイスが火をつけたのだ。リーは火の中にとび込み、中にいたマット少年を救けた。ジェイスの放火を知ったレインは、こんな友人と一緒に牛を売ろうとしたリーにさじを投げ、証文を手渡した。リーは初めてレインの真心に目覚め、ジェイス一味と対決、無事に牛をとりもどした。レインはリーがアニーやマットと母屋の再建に取りかかるのを見て、安心して牧場を去った。...

作品データ

原題 West of Montana
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi