モンスター・イン・ザ・クローゼット
ホーム > 作品情報 > 映画「モンスター・イン・ザ・クローゼット」
メニュー

モンスター・イン・ザ・クローゼット

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

突然、小さな町に出現したモンスターと軍隊の死闘を描くSF・ホラー・コメディ。脚本・監督はボブ・ダーリン、製作はデイヴィッド・レヴィーとピーター・L・バークィスト、エグゼクティヴ・プロデューサーはロイド・カウフマンとマイケル・ハーツが担当。出演はドナルド・グラント、デニス・ドュバリーほか。

ストーリー

サンフランシスコの大新聞社の記者リチャード(ドナルド・グラント)は、郊外の辺ぴな町チェスナット・ビルで発生した3つの“クローゼット殺人事件”を取材するよう命令され現地にとんだ。彼はすぐに保安官ケッチャム(クロード・エイキンズ)、大学で生物学を教えるダイアン(デニス・デュパリー)と共に殺人現場のデルタ・ファイ・ビー女子大学へ向かう。折りしも隣りの家ではマーゴ(ステラ・スティーヴンス)がシャワーを浴びている最中に夫のロイがモンスターに襲われる。その夜は大勢の住民がクローゼットからやって来たモンスターに襲われ、町は大パニックに陥った。大統領は国中に非常事態を宣言、戦車、バズーカ砲、ミサイル装備の軍隊を派遣した。指令官F・D・ターンブル将軍(ドナルド・モファット)は“教授”のニックネームを持つダイアンの息子を救出すべく攻撃命令を下した。使わなかったのは核兵器だけという激しいものだったがモンスターは無キズだった。ダイアンはモンスターに電気を通し、電子のスピードを上げることによって殺せるかも知れないと将軍に提案、リチャードとダイアンは精巧な電気装置を作り出し罠を仕掛けるが役に立たなかった。リチャードは教授が作ったエネルギー増大器を作ることにした。そしてついにクローゼットに逃げ込めなくなったモンスターは自滅していった。...

作品データ

原題 Monster in the Closet
製作年 1985年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「モンスター・イン・ザ・クローゼット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi