桃色の曲者
ホーム > 作品情報 > 映画「桃色の曲者」
メニュー

桃色の曲者

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルネ・ペーテル氏とアンリ・ファルク氏の合作になるフランス舞台劇を骨子としてエイヴァリー・ホップウッド氏が書き改めた物語をピエール・コリングス氏が脚色し「夫婦円満哲学」「三日伯爵」「世界の女」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したもので、主役は「世界の女」「禁断の楽園」「練獄の花」等出演のポーラ・ネグリ嬢が演じ、相手役は「シンデレラ物語」「夫婦円満哲学」等出演のトム・ムーア氏と「駄法螺大当たり」「夫婦円満哲学」等出演のフォード・スターリング氏とが勤め、ミス・デュポン嬢、スチュアート・ホームズ氏。マリー・モスキニ嬢等も出演している。

ストーリー

ジェルメーン・モーリスは醜い乙女だったが彼女の主人室内装飾家のジェラルド・グレイに人知れず愛の炎を燃やしていた。そしてジェラルドが百万長者トーマス・ヘントンの妻クレーアと道ならぬ恋の快楽に耽ろうとしているのを非常に心配していた。クレーアは夫トーマスに悟られはせぬかと惧れつつもジェラルドをヨット旅行に案内した。ジェラルドに親友バニー・ウェストは踊女のシューシューをジェラルドの婚約者に仕立てて伴うことを発案したが彼女の恋人スミスが反対した。ジェラルドを護り度い一心からジェルメーンはシューシューの代わりになると申し出て、飾り立てて来ると見違える様な美人になった。ヨットの出帆間際にシューシューも到着した。フロリダに着くとジェルメーンは衆目を一身に集めた。そのためクレーアはジェラルドと口論した。自然フェントンの名前も出ればフェントンは妻を離別せねばならぬと思った。ある夜ジェルメーンは拾ったパイプを返しにジェラルドの部屋に行き、帰って来たジェラルドに求婚された。2人が抱擁しているのを見たクレーアは嫉妬の余り、夫に自分とジェラルドの仲をぶちまけて離婚を要求した。フェントンはクレーアよりも美しいジェルメーンを新妻にせんと口説きにかかったが一図にジェラルドを想う彼女は手厳しい肘鉄砲を食わせ立ち去ろうとした。シューシューを取り返しに来たスミスは替え玉のジェルメーンがずっとよいと怪しからぬ振る舞いをしてジェラルドに懲らされた。ニューヨークに帰ってからジェラルドはフェントン夫妻の仲を調停しジェルメーンと結婚した。...

作品データ

原題 Good and Naughty
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi