モナリザの微笑
ホーム > 作品情報 > 映画「モナリザの微笑」
メニュー

モナリザの微笑

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

英国の作家オルダス・ハックスレイの短篇小説「ジオコンダの微笑」より彼自身が脚色し、「サハラ戦車隊」のゾルタン・コルダが製作、監督に当たった1948年作品。撮影は「彼と人魚」のラッセル・メティ、音楽は「熱砂の秘密」のミクロス・ローザが担当。主演は「裏街(1941)」のシャルル・ボワイエと「われら自身のもの」のアン・ブライスで、「呪われた城」のジェシカ・タンディ、「夢の宮廷」のサー・セドリック・ハードウィック、以下ミルドレッド・ナットウィック、セシル・ハンフリーズ、ヒュー・フレンチらが助演。

ストーリー

ヘンリー・モーリエ(シャルル・ボワイエ)は長患いの病床にあるエミリー夫人との折合いが悪いので、若い娘ドリス(アン・ブライス)を愛し、更に老嬢のジャネット(ジェシカ・タンディ)を知的な友としていた。ある日ジャネットはヘンリーの家の昼食に招かれ、エミリーが夫を深く怨んでいることを知った。昼食後にヘンリーは珍しく夫人に自分で薬を調合してやった。その晩彼はドリスと逢い引きし、帰ってみると夫人が死んでいた。リッバード医師は原因が昼の食物らしいと診断した。数日後の雷雨の夜ジャネットは抑えてきたヘンリーへの愛を彼に打ち明けたが、彼が既にドリスと結婚したと聞いて嫉妬に身を震わせ、ヘンリーとドリスがパリへ旅立った後、ふとあの日彼が毒薬を買ったことを思い出して警察に夫人は彼が殺したのだと通報した。ヘンリーは旅先から呼び戻された。死体からは致死量の砒素が検出され、あの昼食の状況も彼に不利だった。ドリスは悲しんで毒をあおったが命は取り止め、リッバードから夫を信じよと諭されたが、ヘンリーは死刑を宣告された。ただしリッバードは、その頃不眠症に悩むジャネットを怪しみ、彼女に巧みな策略をかけて、死刑執行一時間前に夫人殺しの犯行を自白させたのだった。...

作品データ

原題 A Woman's Vengeance
製作年 1948年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

裸足で散歩[DVD] 薔薇のスタビスキー HDマスター[DVD] 邂逅[DVD] たそがれの女心[DVD]
裸足で散歩[DVD] 薔薇のスタビスキー HDマスター[DVD] 邂逅[DVD] たそがれの女心[DVD]
発売日:2005年3月1日 最安価格: ¥3,352 発売日:2015年4月24日 最安価格: ¥2,268 発売日:2014年3月28日 最安価格: ¥1,000 発売日:2013年9月27日 最安価格: ¥982
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi