猛烈なる復讐
ホーム > 作品情報 > 映画「猛烈なる復讐」
メニュー

猛烈なる復讐

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョージ・シェンクの脚本を、新人ロバート・スパーが監督したアクション篇。撮影は「彼女の不道徳な夢」のジャック・マルクェ、音楽は「ドラゴン爆破指令」のフィリップ・スプリンガーが担当。出演は、「特攻大作戦」のクリント・ウォーカー、ヴィンセント・プライス、アン・フランシスなど。製作はハル・クレイン、総製作はオーブリー・シェンク。

ストーリー

殺し屋ケインと威名をとる男(クリント・ウォーカー)が刑期を終えて出所。彼は拳銃を捨てて、正業につこうと思っていたが、どの町でも彼の過去がわざわいした。その彼の名を利用し、拳銃ショウをしようとルファロー(ヴィンセント・プライス)が話をもちかけたが、ケインは断った。そんな折、彼は画家のモニカ(アン・フランシス)と知り合い、2人はお互いにはげまし合う仲になった。仕事も金もないケインはルファローのショウに出演することにした。時が流れた。ケインはルファローのショウをやめて、モニカと静かに暮らすべく家畜を飼うことにした。だが資金がなく、再びショウに出演した。が、ケインにスターの座を奪われた、拳銃の名手ビリー少年の不満が爆発、ルファローを殺し、金を持って逃げた。ケインは後を追ったが、ビリーはその金のため、ほかの男に殺されていた。その男を半死の目にあわせてケインはモニカのもとに帰った。しばらくは幸せな日が続いた。そんなある日、1人の男が訪ねて来た。男はケインを射殺した。かつてケインに父を殺され復讐であった。...

作品データ

原題 More Dead Than Alive
製作年 1968年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi