滅亡への道
ホーム > 作品情報 > 映画「滅亡への道」
メニュー

滅亡への道

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1923年に出版されたアーサー・トレイン氏原作の小説に基づき、「放埒娘」「8度目の妻」等と同じくモント・M・カッタージョン氏の脚色、サム・ウッド氏の監督で作られたもので、主役は「激闘の天地」「刺激を追う女」等主演のビービー・ダニエルス嬢、新進の花形ドロシー・マッケール嬢、ジーグフェルド・フォーリスから映画界に入ったばかりのメアリー・イートン嬢の3人で、相手役にはドロシー・ギッシュ嬢の夫君ジェームズ・フォーセット氏、ヘール・ハミルトン氏、マーロン・ハミルトン氏等の腕利きが出演している。

ストーリー

一代にして富を成したピーター・ビー・ケインは、息子ルーファスに仕事を譲って老いの身を養っていた。ルーファスが55才の誕生日を迎えたとき、彼の娘達3人は、何れも現代的を気取って家を外に遊び暮らしていた。末娘のシーラはフロリアンという放蕩者に誘われダンスなどに日を送り、中のダイアナはラリーと言う英国人と仲良くしているし、姉娘のクローディアは不幸な結婚に泣いていた。ダイアナはロイド・メイトランという弁護士と知り合いに成り、二人は恋仲となる。シーラが麻酔剤を飲まされて倒れたとき、ダイアナは初めて姉らしい優しい気持ちに成って彼女の看病に努めたが、父のルーファスは美しい女優マーセデスに迷い、その上山師の活動写真会社に投資して大失敗をし、一家は破産の運命に遇った。一家の人々はこの一大試練にあって醒め、ダイアナはメイトランドの胸に抱かれ、貧しい乍なに幸福な生活に入る事ができた。...

作品データ

原題 His Children's Children
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi