明朗色時代
ホーム > 作品情報 > 映画「明朗色時代」
メニュー

明朗色時代

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「結婚劇場」のドリス・ノーランと「百万ドル小僧」「大都会の戦慄」のジョージ・マーフィーとが主演する映画で、原作はルウ・ブロックが書卸し、「南風」「仮面の米国」のブラウン・ホームズがチャールズ・グレイソンと協力脚色し、「フロリダ超特急」「女学生大行進」のラルフ・マーフィーが監督し、「天使の花園」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。助演の面々はラジオ及びレヴューのスタァたるガートルード・ニーゼン、「二国旗の下に」のグレゴリー・ラトフ、「コリーン」のヒュー・ハーバート、「翼の戦慄」のエラ・ローガン、「鉄人対巨人」のヘンリー・アーメッタ、「襤褸と宝石」のミッシャ・オーア、「艦隊を追って」のレイ・メイヤー、少女ダンサーのペギー・ライヤン、「虎鮫島脱獄」のクロード・ギリングウォーター、「若草物語(1933)」のサミュエル・S・ハインズ、その他芸人連及びカリフォーニア・カレジアンス管弦団が出演している。

ストーリー

ダイアナ・ボーデンは美人でしかも五十万ドルの資産相続者であるが、往々無軌道的所業を演ずるところから四人の叔父が後見役として監視を怠らなかった。ダイアナは日進月歩の今日ナイト・クラブのみは依然閑古鳥であるのを嘆き、四人の叔父が共同経営している大ラジオ会社ビルの地階にあるクラブの支配人ストーンを訪ね、非常に豪華なショーを催すよう懇願した。叔父たちはもちろんストーンの申出を拒絶したので、ダイアナは次に同クラブのオーケストラの指揮者であるテッド・レーンに訴えたので、事情を知らぬ彼は楽団に有名なボーデン家の一人を加入させることは興行価値満点だと信じ、ボーデン家の直営に係るムーンビーム・ルーム大放送演奏と契約できるものと喜んだ。しかしストーンから事情を聞いた彼は叔父たちの反対を押し切ってダイアナを引き止めれば自分はクビになり、さりとて彼女を追い出す勇気も出ない程彼女に恋をしてしまった。そこで何とかしてダイアナの方から嫌になるようにと毎日極度のもう練習を行ったが、意外にも彼女は益々元気で美事な手腕を発揮するのでレーンは途方に暮れる。折柄レーンはムーンビームへの出演許可を得たが、これはダイアナが叔父たちを泣き落としてそこの支配人になったからである。ところが支配人になったダイアナはレーンの楽団は無用になったので全員を給仕として使い始めた。こうして彼女のショーは数百の観客を前に開演されたがまんまと失敗に終わった。これを見たレーンは予め計画しておいた大レヴューを始めたので、浮足立った観客も再び着席し大喝采裡に終わりを告げた。失望落胆したダイアナもレーンに慰められ、二人の恋は実を結んだのであった。...

作品データ

原題 Top of the Town
製作年 1937年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi