名誉を重ずる男
ホーム > 作品情報 > 映画「名誉を重ずる男」
メニュー

名誉を重ずる男

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヘンリー・キッチェル・ウェストーヴァー氏原作の「カーキ服を着た王様」A King in Khakiからフレッド・バルシッファー氏が脚色し、自ら監督した活劇で、一昨年秋病没したハロルド・ロックウッド氏遺作の一で、対手は余り知られないベッシー・アイトン嬢である。

ストーリー

ホース島にある南洋物産会社の新たに任命された支配人デイヴィッド・スミスは、会社内部の人々が私利を営むに汲々たる弊風を改めんと苦心して居る。然もその旗頭は紐育の本社に居る社長クリストファー・ビューモントである。彼は硬骨なスミスに仲間に入るか、然らずんば辞職せよと、娘クリスタベルを連れてホース島へ来た。然し却って彼はスミスの為幽閉され、自己の利を求める前に株主の為を計れと迫られる。暴風雨の夜クリスタベルはスミスの雄々しさを深く慕う様になる。社長ビューモントも遂にスミスの名誉を重ずる点に感じ娘の婿として迎え、我が非行を改めたのであった。...

キャスト

作品データ

原題 A Man of Honor
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi