娘青春裏表
ホーム > 作品情報 > 映画「娘青春裏表」
メニュー

娘青春裏表

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「水陸狂走楽」「離婚結婚」と同じくジェームズ・ティンリング氏の監督作品で、「愛に飢えて」「宣伝地獄」のロイス・モーラン嬢が主演する映画。フィリップ・クライン氏とシドニー・ランフィールド氏とが合作した物語をランドール・H・フェイ氏が改作脚色したものである。モーラン嬢の対手役は「娘十八コーラス時代」「近代恋愛ごっこ」のニール・ハミルトン氏で、そのほか「勇肌美人女給」のヘンリー・コルカー氏、クレア・マクドウェル嬢も出演している。

ストーリー

プリシラ・ポウエンは大したモダンガールであったが、その伯母アビゲイルはこれはまた大したピューリタンであった。で、終始揉めていたが、伯母さんがプリシラの結婚にまで口出しするので、プリシラとても黙っては居ず、友達のウィロビー老弁護士のところに尋ねて先づ結婚し然る後に離婚し、以て後見人の伯母の束縛から離れんとした。が、プリシラが尋ねた時、あいにく、ウィロビーが不在で息子のヘンリーだけがいた。プリシラの依頼を聞いたヘンリーは彼女の小癪な態度が癇にさわり、たちまちプリシラと喧嘩してしまった。が、恋というものは妙なもので、プリシラは一目見ただけで、ヘンリーが好きになる。が、対手は頑固者ヘンリーである。そこでウィロビーの忠言により、プリシラは旧式な娘姿となり改めてヘンリーに紹介してもらうことにした。で、先日のモダンガールは彼女の従妹のベティー・ボウエンという娘なのだと言いくるめて置く。が、やがてプリシラとヘンリーとの交際が続く内に、やはりなんといっても根が現代人なのであるから、ヘンリーとても旧式なプリシラに物足りなさを感じるようになり、却って次第にベティーの方に心を惹かれるようになって行った。しかし事態はヘンリーとプリシラとの結婚を巖として要求した、そしていよいよ2人の新婚旅行という所まで来てしまった。プリシラはベティーに帰りたがっていた。またヘンリーとてもプリシラよりベティーを望んでいた。この時、プリシラは1策を案じ、同じホテルへ1室を借り、ベティーからだと言ってヘンリーに電話をかけた。かくて一騒動よろしくあった後に、結局、了解なった2人は改めて手を携へて楽しく新婚旅行の途に上った。...

作品データ

原題 Don't Marry
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi