見捨てられた女
ホーム > 作品情報 > 映画「見捨てられた女」
メニュー

見捨てられた女

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

リチャード・タルマッジ作品を発売していたフィル・ゴールドストーン社から発売された映画で、ベシー・ラヴ嬢が主役を演じている。相手役はタリー・マーシャル氏とウィリアム・スコット氏。原作はピアース・キングスリー氏作の舞台劇で、グレイス・ミラー・ホワイトー・ホワイト女史によって書物にも書かれた程有名なものである。

ストーリー

村の大地主の許に養われている孤児の娘は、遺産を相続したので、地主の息子と結婚させられようとしたが、彼女は都から来た青年を恋していた。その2人が結婚しようとした時、赤児を抱いた身も知らぬ女が現れて、都の青年を其の赤児の父だと責める。怒れる村人達は彼を罰しようとしたが、罪ある男は地主の息子であった事が証明されて、娘は幸福な生涯に入る。...

作品データ

原題 Deserted the Alter
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi