幻の旋律
ホーム > 作品情報 > 映画「幻の旋律」
メニュー

幻の旋律

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

モンロー氏最後のユ社映画で、亦恐くはこの映画によって当分氏の出演劇には接せない事になろう。イタリアを背景にし恋と復讐の珍らしい劇筋で、予てユ社映画で御馴染みのダグラス・ジェラード氏の監督である。

ストーリー

イタリアの貴族モントローネ伯は英国のドレーク従男爵の娘メリーを深く慕っているが、娘と余りに年が違うので伯爵は熱い思を胸に秘め、敢て打ち明ける事が出来なかった。伯はメリーは自分の従弟ジオルゲット・ピザーニを想うていると誤解しているが、ジオルゲットはただ娘の莫大な財産に心引かれているに過ぎない。世界戦争が始まった時伯爵は進んで従軍するが、卑怯にもジオルゲットはモン・カルロに身を隠し、メリーの兄オリヴァーを身代わりとして従軍させた。金に困って彼はモントローネ家へ忍び帰り家重代の宝玉を持ち去る。丁度休暇で帰宅していた伯爵は嵐の夜雷に打たれて一時仮死の状態に陥った。ジオルゲットは伯爵の息はまだ有る事を知りつつも、伯の身體を家の墓窖へ埋めて終ったが、程経て息吹き返した伯爵は必死の努力で窖を抜け出し、今は伯爵家の主人となりメリーに近づいている不信の従弟に対し復讐を誓う。激しき生死の境に苦んだ為伯の頭髪は一夜の中に白色に変っていたので身分を包み予て手練のヴァイオリンに身を託し幻の奏でるメロディーによって復讐の目的を達し、乙女の愛をも克ち得たのであった。...

キャスト

作品データ

原題 The Phantom Melody
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi