桃色の店(街角)
ホーム > 作品情報 > 映画「桃色の店(街角)」
メニュー

桃色の店(街角)

劇場公開日

解説

「天使」「青髭八人目の妻」のエルンスト・ルビッチが製作、監督した映画で「お人好しの仙女」のマーガレット・サラヴァンが「わが家の楽園」のジェームズ・スチュアートと主演する。ニコラウス・ラスロ作の戯曲に基づいて「断崖」のサムソン・ラファエルソンが脚本を書いた者。助演は「お人好しの仙女」のフランク・モーガン、「三銃士(1939)」のジョセフ・シルドクラウト、「美人劇場」のフェリックス・フレサート、「緑のそよ風」のセーラ・ヘイドン等で、撮影は「征服」のウィリアム・ダニエルスが指揮している。

ストーリー

ハンガリーの首都ブタペストのとある街角に、中流の客を相手の雑貨店がある。主人のマトチェックは35年間この商売をして、かなりの財産を蓄えたが子供がなく、家庭はさびしかった。それだけに商売は熱心で、店員も六人いる。若いクラリックは9年前に丁稚にきて今は一番の古顔で販売主任格であった。彼よりは年上のヴアダス、再篠あるビロヴッチ、女店員のフロラ、イローナ、丁稚のペピの五人がクラリックの下で働いている。クラリックに対する主人の信用は対したもので、晩食によばれるのも店員では彼一人である。店は夏の買い出しで忙しかった。そこへクララという女が販売係りに雇って貰いたいといってきたが、六人でも多すぎるくらいなので、クラリックは独断で断った。そこへ主人が顔を出したので、彼女は今度はマトチェックに申し込む。折しも一人の女客が来たのを捕らえ、クララはクラリックが売り物にならぬと言って仕入れを断るはずになっていた煙草入れを巧みに売り付けた。クララが店員となりクラリックの胸は穏やかではなかった。二人はことごとにいがみ合った。そのころから主人も無口になり、特にクラリックによそよそしくなった。クラリックは新聞広告で見た見知らぬ女と文通していた。女は手紙で見ると相当教養もあり、美しい処女であるように想像された。面会を申し込めばできるのだか、楽しみがなくなるようでもあり、怖いようでもあり会わないままで文通を続けていた。こうしてクリスマスにも近いある日、理由もなくクラリックはクビになった。その日の晩にクラリックはかの見知らぬ女性と初会見をする約束だったが、失業しては会う元気もなかった。その晩マトチェックの店に訪問客があった。かねてマトチェックが頼んでいた私立探偵で、彼の婦人の恋人は店員ヴァダスだという報告だった。マトチェックが自殺を企てたとき助けにきたのはペピであった。ペピの急報にクラリックは主人を病院へ見舞いに行った。マトチェックは疑ってすまなかったとわび、改めてクラリックを支配人に任命し、ペピも販売員に昇格した。新支配人はヴァダスをクビにし、病気で休んでいたクララを見舞った。彼が文通していた女はクララだった。二人が結婚するのは近々らしい。...

作品データ

原題 The Shop Around the Corner
製作年 1940年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 細やかな心遣い この映画を観て思うのは、やっぱりルビッチの映画は、細やかな心遣いの映画なんだなってことでした。ほんとうに細やかな仕掛けや小道具を生かし切っているし、それらがフワッと観ているこちらの心を持ち上げて... ...続きを読む

    チャーリー チャーリーさん  2014年6月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「桃色の店(街角)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi