傍若無人(1919)
ホーム > 作品情報 > 映画「傍若無人(1919)」
メニュー

傍若無人(1919)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリアム・デスモンドが「偽山賊」の前に作った作品で、相手はルイズ・ラヴリーである。監督は同じトーマス・ヘフロンで痛快な正喜劇である。

ストーリー

ジミー・ペンドルトンは想いがかなってメエリー・オースティンと許婚の間と成ったが、ベルギー孤児救済会の秘書をしている悪戯者の友達が、赤ん坊を1人ジミーの門口へ置いたため一騒動持ち上がった。その譯とはこうである。その赤ん坊を置きに来た友達が自動車に轢かれたので赤ん坊を引き取りに来られず、従ってジミーがそれを引き取ることになった。ここへメエリーが母と一緒に来る。その上ジミーに学費を出してくれた伯父がデブの娘を彼の嫁にするつもりで連れて来たので、事件は型の如くもつれてしまうが結局事情判明してジミーとメエリーは一生別れぬ長の旅路に出発する。...

スタッフ

監督

キャスト

作品データ

原題 Life's a Funny Proposition
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi