暴君ネロ(1932)
ホーム > 作品情報 > 映画「暴君ネロ(1932)」
メニュー

暴君ネロ(1932)

解説

「十誡(1923)」「キング・オブ・キングス(1927)」のセシル・B・デミルがトーキー以来初めての宗教劇で、ウィルスン・バーレット作の戯曲を「今晩愛して頂戴ナ」「明日は晴れ」のウォルデマー・ヤングと「地下の雷鳴」「恋を食べる女」のシドニー・バックマンとが共同して脚色したもの。撮影は「闇に踊る(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスが担当した。出演俳優は「我等は楽しく地獄へ行く」「借りた人生」のフレドリック・マーチ、「お化け大統領」「百米恋愛自由型」のクローデット・コルベール、「悪魔の富籤」「貞操切符」のエリッサ・ランディ、「悪魔と深海」のチャールズ・ロートンを始め、「パリの魔人」「裸一貫(1931)」のアイアン・キース、ジェヌヴィエーヴ・トバンの妹ヴィヴィアン・トビン、喜歌劇界から抜擢されたジョイゼル・ジョイナー、「楽園の大河」のハリー・ベレスフォード、フェルディナンド・ゴットシャルク、ウィリアム・V・モング、クラレンス・バートン、アーサー・ホール、ナット・ベンドルトン、トミー・コンロン、ジョー・ボルーモ、リチャード・アレキサンドー等である。

ストーリー

西暦紀元60年代のローマーそれは母殺しの大罪をさえ犯した悪逆無道の皇帝ネロの治世であった。ネロは詩人をもって自任している自称大芸術家でキリスト教信者を蛇蝎の如く憎んでいた。64年ローマの街は大火に焼かれた。世上それはネロの命令によって焼かれたのだと噂されたが、事実ネロは燃ゆるローマを眺めて堅琴を弾じて詩を吟じたのであった。ネロはローマを焼いたのはキリスト教徒であると言って、教徒殺害の口実とした。かくてタイタス、フェヴィアス等有力なキリスト教徒はことごとく囚えられた。美しい乙女マーシアは熱心な信者だったので彼らを助け出そうと試みた。ローマの奉行で、全ローマの子女に崇拝されている美丈夫マーカスは彼女の美に打たれ、その心を得んものと一旦捕らえた信者たちの縛を解いてやる。それを知ったネロの寵姫ポッペアは、彼女自身マーカスに思召しがあったので嫉妬の炎に胸をやき、マーシアにマーカスが会いに行った隙を狙って、教徒の一人を拉して拷問にかけ、教徒等の集会所を白状させた。マーカスはことの次第を耳にして急ぎ戦車を駆って赴く途中、来合わせたポッペアのかごと正面衝突して了った。ポッペアは怒ってマーカスがキリスト教徒の味方をする、と言って詰った。そこでマーカスは自らの部下の進言もあったので、心ならずも信徒等を全部捕らえたが心を完全にマーシアに奪われたとしるやポッペアは狂へる夜叉の如くなってネロ皇帝にざん言した。その夜マーカスは酒宴を催し、マーシアに近づいて愛を打明け、愛のため、彼女の生命のため、ネロの怒りを解くため、信仰を棄ててくれと頼んだ。マーシアの心を聞く間もなく、彼女はネロの命によって土牢に閉じ込められた。マーカスはなおも土牢に彼女を訪ねて信仰を棄てて自分の妻になってくれと懇願した。マーシアもこの美丈夫を愛さないではなかった。神の愛に生くるか、神を棄てて異教徒を結婚するか彼女は悩んだ。その翌日はキリスト教徒等が、闘技場に於いて飢えたる獅子の餌食となるべき日である。しかしマーカスも初めて信仰の尊さを知った。マーシアを愛するには異教徒たる彼は資格がないことを悟り、肉体を失っても霊魂の救われることに満足するキリスト教徒の偉大な信仰の力に感激して、彼自らも先ず神の身を捧ぐべきであると知った。マーカスはマーシアの手をとって犠牲の祭壇に向かって力強く歩み進んだ。...

作品データ

原題 The Sign of the Cross
製作年 1932年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

必死の逃亡者[DVD] 太陽の中の対決[DVD] アレキサンダー大王[DVD] 我等の生涯の最良の年/紳士協定[DVD]
必死の逃亡者[DVD] 太陽の中の対決[DVD] アレキサンダー大王[DVD] 我等の生涯の最良の年/紳士協定[DVD]
発売日:2010年8月6日 最安価格: ¥908 発売日:2005年6月3日 最安価格: ¥3,352 発売日:2013年7月12日 最安価格: ¥818 発売日:2007年1月29日 最安価格: ¥2,873
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi