ボー・ブラムメル
ホーム > 作品情報 > 映画「ボー・ブラムメル」
メニュー

ボー・ブラムメル

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

有名な戯曲家クライド・フィッチ氏の原作にある舞台劇に基づき、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「本町通り」「恋の一太刀」等と同じくハリー・ボウモンが監督したもので、主役は「シャーロック・ホームズ(1922)」「狂える悪魔」等出演のジョン・バリモア氏で、相手は「情夫奮起せば」「女に安全な男」等出演のメアリー・アスター嬢「結婚とは」「ロジタ(1923)」等出演のアイリーン・リッチ嬢、「社交界の誘惑」等出演のカーメル・マイアース嬢の他ウィラード・ルイス氏、アレック・B・フランシス氏等が共演する。1774年から1821年に時代を取り、英国の宮廷及び社交界を背景としたロマンスである。ニュース誌の選んだ昨年度の興業成績表では第9位の特点である。

ストーリー

恋人マージェリーがアルヴァンリ卿へ愛なき結婚を強いられた後、ジョージ・ブライアン・ブランメルは伊達者となって、華やかな生活のうちに心の悲しみを忘れようとした。彼はプリンス・オブ・ウェールスの信任を得てヨーロッッパ第一等の紳士となり、彼の周囲には美しい貴婦人が雲集したが、後に至って彼に快くない人々が彼とプリンスの仲を割いたので、ブランメルは債権者と牢獄を逃れてフランスへ去った。彼の身には貧困が襲って来た。今迄の友人達は全部彼から背き去り、彼は過去の華やかなりし生活の幻影を懐かしみつつ、忠僕モーディマー一人に護られて、養老院の一室に淋しく死んでいった。...

作品データ

原題 Beau Brummell
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi