ホワイト・タイガー
ホーム > 作品情報 > 映画「ホワイト・タイガー」
メニュー

ホワイト・タイガー

解説

プリシラ・ディーンが「妖雲渦巻く」と「嵐の娘(1949)」の間に主演したジウエル映画で、「法の外(1921)」「妖雲渦巻く」等を監督したトッド・ブラウニングが原作及び監督をした。脚色はブラウニングとチャールズ・ケニヨンの手になり、ディーンの対手役は「妖雲渦巻く」と同じくマット・ムーアとウォーレス・ビアリー。ディーン得意の女賊劇である。

ストーリー

ホークスという悪人は仲間のドノヴァンを殺させ、その娘シルヴィアを誘拐して逃れる。シルヴィアの幼い兄ローイは妹も殺されたと信じ、堅く復讐を心に誓った。20年は過ぎるホークスはドンネリ伯爵と名乗りニューヨークで社交界に入り込んで、悪事の数を重ねていた。シルヴィアもローイも、共に兄妹である事を知らず、ともにドンネリの手下として悪事を働いていた。そのうちにもローイは彼に対する復讐を忘れはしなかった。そして遂にドンネリは昔のドノヴァン殺しの罪の償いをする日が来た。かねてシルヴィアに恋していたディック・ロングウォースは探偵であった。彼の尽力で今は兄妹である事を知ったローイもシルヴィアも自由の身となり、ディックとシルヴィアの恋もなった。...

作品データ

原題 White Tiger
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ホワイトタイガー
ホワイトタイガー
2017年10月25日
¥400
TSUTAYA TV
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi