誉れの警官鬼神退治
ホーム > 作品情報 > 映画「誉れの警官鬼神退治」
メニュー

誉れの警官鬼神退治

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「男が真に怒った時」[支那街の暗影」と同じくケネス・マクドナルド氏主演活劇でサミュエル・M・パイク氏作の物語に基づいてウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督したもの。マクドナルド氏の相手役はヴァイオレット・スクラム嬢が演じ、チャールズ・K・フレンチ氏、ウィリアム・ゴルド氏、モンエ・コリンス氏、エディス・ヨーク嬢等は助演している。

ストーリー

サンシャイン・アリーという裏町は人の世の憂き辛さのすべてを一纏めにしたような所でテイム・オマリーはこの街を受け持つ警官となった。毎日毎日繰り返されるさまざまの事件を処理してゆくとは決して容易な仕事ではなかったがテイムは極力町をよくしようと努めていた。彼の赴任以来この裏町の親分で自動車泥棒を働いているレッド・マイク一味の悪人共は、思うように悪事が出来ないためにテイムを目の敵にして追い払う計画を企てたが、責任観念の強い上に腕力の強い警官なので歯がたたなかった。偶ま町の小町娘メリー・オニールがテイムと愛し合う仲となってからがレッド・マイクは無念で堪らず、仲間の喧嘩相手を殺したのを、無関係のテイムの父親バットが下手人であると告発した。テイムは父の罪を引き受けて奮起し、単身悪人共を相手に乱闘した末悉く彼らを捕らえ町に平和を招来した。...

作品データ

原題 The Pride of Sunshine Alley
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi