法の名の許に
ホーム > 作品情報 > 映画「法の名の許に」
メニュー

法の名の許に

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「総動員」や未封切り「西部行特別列車」等の前にエモリー・ジョンソン氏がF・P・O社の為に作ったもので原作は右2映画と同様エミリー・ジョンソン女史、俳優もやはり同じくラルフ・ルイス氏、エラ・ホール嬢、ジョニー・ウォーカー氏等で、エモリー・ジョンソン氏自身も出演している。監督は勿論ジョンソン氏。

ストーリー

親切な心の持主の巡査パトリック・オハラは一日牛乳を盗んだ幼い迷い子の娘を見つけ、叱責もせず吾家に連れ帰った。翌日彼女が孤児院から脱走したものであるを知ったパトリックは妻と相談して吾児として育てた。此メエリーと末子のジョニイとは成長するにつれ仲善くなり両親は行く行く2人を結婚せしむる事にした。長男ハリーは法律学校で熱心に勉強していたが彼は或動機で数百ドルの金を盗んだ嫌疑を蒙った。母の嘆きを見てジョニイとメエリーとは各自別々に兄の身を救うべく金策を凝らした。銀行に盗難のあった夜、ジョニイは不幸にも其付近で在った為、彼も盗人の嫌疑を受けた。彼が全く弁解絶望は見えた時兄ハリーは極力弁護の位置に立ち、遂に真犯人の告白によりジョニーは晴天白日の身となった。次いでハリーの身に係わった嫌疑も晴れ、此一家に幸福が再び訪れた。...

キャスト

作品データ

原題 In the Name of the Law
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi