法に直面して
ホーム > 作品情報 > 映画「法に直面して」
メニュー

法に直面して

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

原作、脚色者の名は挙げられていないので定かに判らぬ。レジナルド・ワードの製作で、「歩み疲れて」等出演のマーゲリット・マーシュが主演する探偵劇である。

ストーリー

ジョン・ウェンストンは会社が破産したため心配の極み自殺したが、ちょうどその場に来合わせたバート・マナースが嫌疑を受けて捕縛されその公判が開かれた。証拠は全て彼に不利であった。ジョンの娘グレースの学校友達で、グレースの兄ジャックと恋仲のヘレン・マースリーという乙女は、自ら捜索の手を広げていたが公判最中に現われて、如何にしてマナースが鏡に映った自分自身の像に発砲したかを述べて彼の無罪を証した。支配人ハートリーの室から自殺したウェンストンからの息子へ送った手紙が発見されたが、その中にはウェンストンが自殺の動機と、有価証券の隠し場所とが認めてあった。ハートリーは、その手紙を横領し、証券を奪って罪を隠すためにウェンストンの自殺を黙っていた事を自白したので、さしもの秘密も見事に解決を告げたのであった。...

スタッフ

製作
レジナルド・ワード

キャスト

作品データ

原題 Face to Face
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi