宝石と女賊
ホーム > 作品情報 > 映画「宝石と女賊」
メニュー

宝石と女賊

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「銀鼠流線型」の後日譚で、同じくフレデリック・アーヴィング・アンダーソン原作で、ガートルード・マイケルが女主人公をつとめるもの。脚色は「再び逢う日」のブライアン・マーロウとパターソン・マクナットが協力し、監督には「名馬物語」「地方検事」のジョージ・アーチェンボードがあたり、「美しき野獣」のジョージ・クレメンスが撮影を担当している。マイケルを助けて「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディングを始め、「輝ける百合」のレイ・ミランド、「薔薇は何故紅い」のエリザベス・パターソン、コリン・タッブリー、ポール・ハーヴェイ等が出演している。

ストーリー

女賊ソフィー・ラングは巧みに死を装って正道に帰る決心をし、英国には墓までできた。ある夕方ソフィーは自分の墓の前に立っていた。そこへ若い青年が来て彼女の墓に花束を捧げた。間もなく米国へ渡る汽船のなかにその青年が乗っていた。彼はニューヨークの新聞記者でロースンである。彼は先刻ソフィーの墓前で会った若い美人が老夫人と伴って乗船しているのを見た。老夫人は50万ドルの「クルーガー・ダイヤ」を持って米国へ渡るセドリー夫人である。ソフィーはエセル・トマスと変名して夫人の秘書になっていた。45日の航海中にロースンとエセルは恋し合うようになった。しかしかねて「クルーガー・ダイヤ」を狙っていた大盗マックス・バーナードが乗船していて巧みに夫人に近づき、ついにダイヤを盗んでしまったので、ソフィーは自分の前身を夫人に打ち明けてダイヤを取り戻すといった。夫人は幸いに彼女の更生を認めてくれたので、バーナードがいち早くニューヨークの警察に密告したときも夫人の助けで首尾よく上陸することができた。バーナードが盗んだダイヤをロースンの外套に忍ばせ、彼とソフィーがホテルにいるとき拳銃を擬してそれを奪い、再び警察に密告したがソフィーは巧みに逃れて夫人のところへ帰る。夫人は新聞広告でダイヤを10万ドルで買い戻そうとした。バーナード一味から電話があったときソフィーは夫人に変装して適地に乗り込み巧みな計略をもちいて警官を呼んだ。警察にいたロースンは警官とともに早速駆けつけバーナード等は逮捕され、ソフィーはエセル・トマスとしてロースンの腕に抱かれた。...

作品データ

原題 The Return of Sophie Lang
製作年 1936年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi