ペンキ塗り立て
ホーム > 作品情報 > 映画「ペンキ塗り立て」
メニュー

ペンキ塗り立て

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「南北珍勇腕比べ」と同じくレジナルド・モリス氏が原作を書き、ロイド・コリガン氏が脚色し「驚くべからず」に先んじてアーサー・ロッスン氏が監督したレイモンド・グリフィス氏主演喜劇である。グリフィス氏の対手女優は「馬車で風切る男」主演のヘレン・コステロ嬢で、ブライアント・ウォッシュバーン氏、ナタリー・キングストン嬢、ヘンリー・コルカー氏等が助演している。因みに原作は翁の喜劇「から騒ぎ」に取材したものである。

ストーリー

ある処にドン・ペドロという独身の男があった。ドンは大金持ちで好男子だったので絶えず大勢の女達にちやほやされていた。その多勢の女達の中でビアトリスという美人をドンは本当に好いていたが、友達から「貴女がドン・ベドロを騙して求婚させることが出来れば何でも差し上げる」と賭をしましょうと言われて、ついその気になり、見事にビアトリスはドン・ベドロに求婚させる事に成功した。ドンは彼女を本当に愛していただけに悪戯半分に茶化されたと思うと少なからず憤ってビアトリスと絶好することにした。が彼女が他の男クローディオに取られそうになったのが残念でたまらなったドン・ベドロは兎に角ビアトリスと仲直りして結婚しようと決心し直した。すると或る女がビアトリスの泊まっているホテルに暴れ込んで、ドン・ベドロを自分の亭主と間違えてぴすとるを乱射したのが大騒ぎの基となり、次々と色々な喜劇が突発した。其の為ドン・ベドロとビアトリスの結婚は到底駄目になるようだったが、終に火事場で2人が落ち合い、目出度く結婚することが出来た。...

作品データ

原題 Wet Paint
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi