プレイボール(1925)
ホーム > 作品情報 > 映画「プレイボール(1925)」
メニュー

プレイボール(1925)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ニューヨーク巨人軍の監督ジョン・マッグロー氏の原作からフランク・レオン・スミス氏が脚色し永らくジョージ・ビー・サイツ氏の助監督を勤めていたスペンサー・ベネット氏の第1回監督連続映画である。主役は「大競馬王」「秘密の扉」等出演アリーン・レイ嬢と「空中襲撃」「廻り会う迄」等出演のウォルター・ミラー氏とで、「ニューヨークの暗黒街」等出演のハリー・シーメルス氏が悪役を演じる外J・バーニー・シェリー氏メリー・ミルナー嬢等が助演し巨人軍選手連の顔も見える。

ストーリー

フロリダのサラソタに休暇を楽しんでいるニューヨークの富豪サットンは大の野球狂で暇さえあれば野球見物に出掛けた。娘のドリスも父の感化でニューヨークジャイアンツ贔屓で、特にジャック・ロリンスに或興味を抱いていた。彼女は父のヨットの上から魚釣りをしているうち誤って海に落ち危ないところを折よくジャックに救われ2人は始めて知り合いになった。某国公使の内命を受けたセグンド伯爵はサットンの財産に眼をつけ投資するように申し込んだ。そうして悪疎な手段を弄して種々な不正を働くのをドリスとジャックとが幾度も危難に遭遇しながら奮闘しついにサットンをして名をなさしめジャックの父上院議員ホーネルと和解させ、若い二人は楽しい結婚生活に入る。...

キャスト

作品データ

原題 Play Ball
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi