文明の仮面
ホーム > 作品情報 > 映画「文明の仮面」
メニュー

文明の仮面

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハーバート・バッシュフォードの原作を「三銃士(1921)」「血と砂(1922)」等を監督したフレッド・ニブロが監督したもので、主役は「男は売らず」等と同じくアニタ・スチュアート、対手役はダレル・フォスとウィリアム・コンクリンとである。

ストーリー

富豪の家に育ったロデリック・ウォーレンの美しきモデル女のナタリー・レインと結婚した。彼は怠け者であったが、彼女と約束して立派なものになろうと心掛け、戯曲の執筆に努めるようになった。彼の父はヨーロッパからの旅行から帰り、身分卑しき女との結婚を聞いて妻と別れねば金を与えないぞと迫るけれど、物質にのみ満足する生活よりは貧しくとも愛のある生活が望ましいとてロデリックは妻と別れようとはしなかった。貧しい生活を助けるため、ナタリーは再びモデルとなって働かねばならなかった。ロデリックの父は彼女が道ならぬ行をしていはしまいかと、美術家トラヴァースの画室へ彼女の跡をつけて行って、何ものにかトラヴァースの殺されているのを発見した。疑いは最初ロデリックに掛かり、次にナタリーに掛かったが欺かれた女ミミの復讐であることが判明して、ロデリック夫妻は父との仲も円満に収まった。...

作品データ

原題 The Woman He Married
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi