ブルーライト作戦
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルーライト作戦」
メニュー

ブルーライト作戦

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ラリー・コーエンのオリジナル・シナリオを、「生きる情熱」のウォルター・グローマンが監督したスパイ・アクション。撮影は「ギロチンの二人」のサム・リーヴィットとドイツ出身のクルト・グリゴライト、音楽はマレン・ドアと「目かくし」のラロ・シフリンが担当した。出演は新人ロバート・グーレ、「ある微笑」のクリスチーヌ・カレル、エバ・プフルーク、ホルスト・フランクほか。製作はバック・ホートン。

ストーリー

第2次大戦も末期に近づいた頃、ブルー・ライトと呼ばれた連合軍側のスパイ団18名のうち、最後の生存者デビッド・マーチ(ロバート・グーレ)は、ドイツ情報部に食い入り、重要な役につくことができた。これからの彼の役目は、当時極秘とされていたミサイルの地下基地グロスミュンシェンの所在地をつきとめ、それを粉砕することだった。マーチはフランスの女スパイ、スザンヌ・ドゥシャール(クリスチーヌ・カレル)の援助を得て、連合軍が放ったイギリスの裏切りスパイの処刑を提案、ますますドイツ首脳部の信頼を得ることに成功した。すっかりナチの信用を得たマーチは、スザンヌとともにグロスミュンシェンへ案内されたが、さすがのドイツ側も大事ををとり、地下室へはマーチ1人だけしか入れさせなかった。ここで彼はミサイル専門の婦人主任グレッチェン(エバ・プフルーク)に引き合わされ、2人は親しくなった。ところで地下室爆破には科学者の助力を必要とする。そこでマーチは入獄中の科学者たちを救出し、その任につかせようとした。しかし重要な援助者となる筈のエハルト博士が裏切りをほのめかした。が、博士は窓から落ちて死に、事態は好転するかにみえたのも束の間、ナチの保安主任ルーバー(ホルスト・フランク)が博士の死に疑問を抱き、グレッチェンを糾明しはじめた。もう時間はない。マーチは地下室のミサイルに点火した。このときルーバーはふと、マーチがあやしいと感づいた。しかしすでに遅かった。轟然たる爆発音とともに地下室はふっ飛び、ルーバーとグレッチェンもその道づれになった。マーチとスザンヌ、それにグレッチェンが心配していた彼女の同僚たちは、無事に難をのがれ、連合軍の手で保護されるようになった。...

作品データ

原題 Ideal in Danger
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi