ブラウンのGメン
ホーム > 作品情報 > 映画「ブラウンのGメン」
メニュー

ブラウンのGメン

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「豪傑ブラウン」「ブラウンの山賊狩」のジョー・E・ブラウン主演喜劇でリチャード・フローノイの原作をアール・スネルがジョー・バイジローと協力し、「ボビーの凱歌」のカート・ニューマンが監督に当り、ポール・C・ヴォーゲルが撮影した。助演者は「高圧線」のジェーン・ワイマン、故リタ・ロバーティ、「流行の女王」のアリソン・スキップワース、「最後のギャング」のアラン・バクスター、「豪傑ブラウン」のルシアン・リトルフィールド等である。

ストーリー

有名なギャングのデュークを、ウイルバーはある日廃屋となっている湖畔亭へ案内した。デュークはそこへ母の遺産を探しにいくと称していたが、途中でGメンに補導される。彼の盗んだ宝石が未発見のため、その品が湖畔亭に隠されていると考えたウイルバーがそこへ出かけてみると、その廃屋には相続人ベティとその伯母さんが住んでいた。間もなくギャングのトニーとその情婦キティ、及びストレッチとのその情婦ベルが、やはり宝石を探す目的だ乗り込み、ウイルバーと三つ巴になって死物狂いの宝探しが始まる。キテイとベルは腕によりをかけてウイルバーを誘い込み宝石のありかを突きとめようとする。ウイルバーはついに宝石を発見したがトニーとキテイに強奪される。それを知ったストレッチとベルは、それを奪うと後を追う。かくてはならじと奮起したウイルバーはクシャミ弾をまきつつ珍妙な大活躍を始め、ついにギャング一味を捕えたうえ、併せてベテイの愛情も手に入れた。...

作品データ

原題 Wide Open Fave
製作年 1938年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi