紺碧の空の下に
ホーム > 作品情報 > 映画「紺碧の空の下に」
メニュー

紺碧の空の下に

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

この原作者ロバート・W・サーヴィス氏は1883年英国ランカシャー州に生まれ冒険的生活を送った人、詩人及び小説家として有名である。氏の筆に成った同じ名の小説をチャールズ・ケニヨン氏が脚色し「単騎突進」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督したもの・主役は最近「アイアン・ホース」で一躍フォックスのスターになったジョージ・オブライエン氏で、相手は「荒野の放浪者」「若人よ永遠に」等出演のビリー・ダヴ嬢、その他「文化果つるところ」出演のハリー・T・モーレイ氏「良人の危険時代」出演のクレオ・マディソン嬢「黄金の篭」出演のアン・コーンウォール嬢等が共演している。劇中のコーンウォール嬢が海底で鱶と戦う場面が壮快である。

ストーリー

サンフランシスコにアンという寡婦が3歳になる息子ジェリーと暮らしていた。アンはマラットという乱暴な男と再婚する事になったが、マラットはジェリーが溺死したと偽り、同性数カ月でアンは捨てられてしまう。年月は流れ、ジェリーは成人して拳闘家となっていたが、試合に相手を殺した嫌疑を受け、サンフランシスコを逃れ南洋のタヒティ島に来る。そこにはマラットに捨てられたアンが暮らしていた。マラットは巨万の富を作っていたが、都から来たフェリシティーという娘に邪な恋を仕向けていた。娘はジェリーを恋していた。マラットに弄ばれた原住民の娘ゼルが自殺し、フェリシティーがマラットの毒手に犯されようとした時、アンは初めてジェリーの素性を打ち明け、マラットの手から娘を救うように訴えた。ジェリーはマラットと争闘してマラットは惨死を遂げる。1年の後ジェリーの殺人嫌疑も晴れ、彼はフェリシティーと幸福な生活に入る。...

作品データ

原題 The Roughneck
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi