ブーム・タウン
ホーム > 作品情報 > 映画「ブーム・タウン」
メニュー

ブーム・タウン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「妻と女秘書」「或る夜の出来事」のクラーク・ゲーブル、「少年の町」「人間エジソン」のスペンサー・トレイシー、「淑女と拳骨」「追憶(1941)」のクローデット・コルベール、「美人劇場」のヘディー・ラマーが主演する映画で、ジェームズ・エドワード・グラント作の雑誌小説をジョン・メインが脚色し、「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「人間エジソン」のハロルド・ロッソンが撮影した。

ストーリー

1919年、テキサスはわきかえるような景気であった。石油が出たのである。1849年 のサン・フランシスコ、1898年のアラスノーム、あのゴールドラッシュを思わせる騒ぎであった。この町でジョン・サンドとジョン・マクマスターズは知合った。二人のジョンを、人々は正直ジョンと大男ジョンと呼んだ。二人はパートナーとなって石油を掘り当てる計画を立てた。ルーサー・オードリッチから発掘道具一式を大男ジョンはかっぱらった。正直ジョンは土地の手続きをした。ところが大男ジョンはベッシー・バートレットというこんな所には場違いの堅気な娘に会って、途端に結婚してしまう。正直ジョンは彼女に紹介されると、彼自身も彼女に強くひかれる思いがするのだった。よしないことではあるが、正直ジョンは彼女の幸福を全うさせてやることがせめてもの心尽くしであると独り決心した。浮気な大男ジョンは、ホワイティーだとかスペインエヴァだとかいうつまらない女と戯れてはベッシーの心を痛めさせた。彼女は離婚を考えたが、ジョンたちのこと業が一頓座を来したので思い止まる。正直ジョンは町を去った。大男ジョンもオクラホマへ行き、そこで石油抗を掘り当て成金になった。そのころベッシーは一子をもうけていたが、夫の心が家庭の幸福にないのがさびしかった。成金になった彼らはニューヨークに出た。そしてはからずも正直ジョンと再会した。一方の石油王と目されているコムズトンは大男ジョンを倒そうと計りカレンという美人をスパイとして近付けた。浮気な彼はカレンにほれる。正直ジョンはベッシーの幸福のために自らカレンに求婚したが断られ、やむなく大男ジョンに向かって、お前はカレンと一緒になれ、俺はベッシーをもらいたいと申し込んだ。大男ジョンは腹をたて、初めてベッシーが自分の大切な女性だと悟り、事務室の中で正直ジョンと猛然殴り合いをした。カレンはその様子を見て到底、見込みなしと悟って立ち去る。その後大男ジョンは失敗して、カリフォルニアでまた一旗あげようとし、正直ジョンをパートナーとして、ケトルマン丘の権利を取って石油採掘を始めた。そこがカリフォルニア油田の中心であるとは夢にも知らずに。...

作品データ

原題 Boom Town
製作年 1941年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第13回 アカデミー賞(1941年)

ノミネート
撮影賞(白黒) ハロルド・ロッソン
特殊効果賞  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi