ふたりは恋人
ホーム > 作品情報 > 映画「ふたりは恋人」
メニュー

ふたりは恋人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

中年の、2人のホモ男同志の愛情(?)を、描いたチャールズ・ダイアーの舞台劇「階段」の映画化。製作・監督は「悪いことしましョ!」のスタンリー・ドーネン。脚色は原作者のチャールズ・ダイアー自身があたった。撮影は「いつも2人で」のクリストファー・チャリス、音楽は「悪いことしましョ!」のダドリー・ムーアがそれぞれ担当。出演は「パリの秘めごと」のレックス・ハリソン、「荒鷲の要塞」のリチャード・バートン、「めぐり逢い(1957)」のキャスリーン・ネスビット。他にビアトリクス・リーマン、スティーブン・ルイスなど。

ストーリー

ロンドンで理髪店を開いて30年になるチャーリー(レックス・ハリソン)とハリー(リチャード・バートン)は、ホモであった。2人には、それぞれ悩みがあった。ハリーの悩みは禿頭病、チャーリーは、女装をとがめられたため、裁判所の召喚をおそれていた。ある日、チャーリーのもとに、先妻から、娘のテレビの仕事を依頼する手紙が来た。そして、娘が訪ねて来る日、チャーリーはハリーに、母親(キャスリーン・ネスビット)とドライブに行けとすすめたが、ハリーの母親は、実は関節炎で足が不自由であることを知っているのだった。そうこうしているうちに、チャーリーが気にしていた召喚状がとどいた。仕方なく、弁護士をやとう金を、養老院にいる母親(ビアトリクス・リーマン)に無心に行ったが、追いかえされてしまった。その後チャーリーは、以前に増してハリーにつらく当たり、2人は何度も喧嘩を繰り返した。特に、チャーリーがつれて来たジャック(スティーブン・ルイス)のことで、彼らは激しくいがみ合った。その時、ハリーが高血圧で倒れるが、チャーリーはちゃんと彼をベッドに寝かせてやるのだった。やがて召喚日が来た。その日も2人は、ハリーのかつらのことで、たがいをののしり合った。そして、チャーリーは1人で店を出て行った。2階から寂しそうに、その姿をながめていたハリーは、チャーリーの後姿に、ある寂しさを感じた。その時、街角で、チャーリーはハリーの名を呼んだ。2~3分後、幸福そうに連れ添って歩く2人の姿が街に見られた。...

作品データ

原題 Staircase
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi