婦人に御給仕(1927)
ホーム > 作品情報 > 映画「婦人に御給仕(1927)」
メニュー

婦人に御給仕(1927)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「不良老年」「夜会服」等と同じくアドルフ・マンジュウ氏主演映画で、原作はエルネスト・ヴァイダ氏がベンジャミン・グレイザー氏と共同してマンジュウ氏のために書卸し、それをチャンドラー・スプレイグ氏が脚色し、チャップリン氏の「黄金狂時代」を助監督したフランス生れのハリー・ダバディー・ダラー氏が処女作品として監督したもの。マンジュウ氏の相手女優は新進のキャスリン・カーヴァー嬢で、チャールズ・レーン(チャールズ・レヴィソン)氏、ローレンス・グラント氏、アンドレ・シュロン氏等が助演している。

ストーリー

パリで一といわれるパリホテルの給仕長アルベエルは歐羅巴中に名を知られた料理の名人で王侯貴顯の知遇と愛願を受けていた。ところがある時彼はニューヨークの富豪フォスターの娘エリザベスを見初め人知れず恋をした。フォスター父娘がスイスアルプスへ遊覧に出掛けるのを知ったアルベエルは自分も同じ列車に乗込んだ。列車中ではボーイ共が皆彼を知っているのでアルベエルは自分の身分がフォスター父娘に知れはしまいかと惧れ、同じ食卓についてもエリザベスに口を利くことが出来なかった。瑞西に着いて見るとホテルには彼の知己であるルカニア国王ボリスが投宿していて、彼に話掛けるのでアルベエルはここでも身分がばれはしまいかとはらはらした。ところがフォスター父娘は却ってアルベエルを身分高い貴族か何かだろうと考えた。その後橇に乗ったことからアルベエルとエリザベスは始めて口を利き合うようになり、2人の恋は加速度的に熱を増し、氷上謝肉祭の晩にはいよいよ最高調に達した。彼女はアルベエルの身分や家柄に就て詳しいことを知りたかったが、アルベエルは自分が給仕であることを打明ける勇気は無かった。そこで彼は到底叶わぬ恋と諦めて翌日書置一つ残してパリへ帰った。フォスター父娘も間もなくパリへ帰り突然パリホテルの食堂に顔を出した。穴に入り度い思いのアルベエルは遂に勇を鼓して自ら一給仕として父娘を食卓に招じた。身分ある男と思い込んでいたエリザベスの驚きは甚しかった。しかし真の恋には身分も職業も問題ではなかった。それ程彼女の恋は真剣だった。そしてボリス王の盡力でアルベエルはホテルの重役となり、エリザベスと結婚することが出来たのである。...

作品データ

原題 Service for Ladies
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ロイドの牛乳屋[DVD] オーケストラの少女[DVD] 突撃[DVD] ゴールデン・ボーイ[DVD]
ロイドの牛乳屋[DVD] オーケストラの少女[DVD] 突撃[DVD] ゴールデン・ボーイ[DVD]
発売日:2004年8月1日 最安価格: ¥2,117 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥910 発売日:2011年6月22日 最安価格: ¥777 発売日:2015年1月26日 最安価格: ¥3,780
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi